2.26事件と伊藤屋
宿泊プラン空室検索

プラン一覧はこちら

歴史が動いたその日、舞台になったのが伊藤屋でした

昭和11年2月26日に日本帝国陸軍若手将校が決起した
2.26事件は、陸軍の皇道派の青年将校が対立していた統制派の 打倒と国家改造を目指し、約1500名の部隊を率いて首相官邸等 を襲撃した事件です。

この時、元内大臣であった牧野伸顕伯爵が宿泊していたのが 伊藤屋で、東京以外で唯一事件の舞台となりました。
宿泊者は牧野元内大臣夫妻とそれぞれのお付の女中、看護婦、 護衛の巡査の計7名。宿泊先の条件は独立した建物であるという ことから、弊館別館「光風荘」が選ばれました。

牧野伯は滞在10日の予定でお見えになり、3日目に事件に遭遇。 襲撃の責任者 河野寿陸軍航空大尉は、予め民間人の渋川善助 夫妻と偵察のため弊館本館に宿泊。
牧野伯の動向を確認後一旦東京に戻ります。

その後兵を連れ自動車で湯河原に入り、夜明けを待って光風荘を 襲撃しました。その際牧野伯はお付の女中の機転で女物の着物を かぶり勝手口から脱出、塀を乗り越えて裏山に逃れました。
河野大尉の「女子供は傷つけるな」との命令により助かったとの ことです。襲撃の際光風荘は全焼し、現在ある建物はその後建て られたものです。河野大尉らが襲撃前の偵察に宿泊した 本館の客室は、当時のまま現在も利用されています。

▲クリックすると動画が表示されます。

  • 島崎藤村と伊藤屋
  • 湯河原温泉と伊藤屋
ご予約・お問い合わせはお気軽にこちらまで

湯河原温泉旅館 伊藤屋 お問合せTELL 0465-62-2004[受付時間:8:00~22:00]

会員登録 宿泊プラン一覧 空室カレンダー

ページ先頭に戻る