2019-03
宿泊プラン空室検索

プラン一覧はこちら

【川沿い】桜開花しました

20110404-hujikigawa.sakura.20110404.yugawara.ryokan.itouya.jpg
写真は弊館前を流れる【藤木川】の、桜の見ごろ期の様子です。
あたたかな日差しだった今日、染井吉野が一輪だけ開いているのを見つけました。

湯河原の温泉街を流れる【藤木川】とその下流にあたる【千歳川】に沿っては
多くの染井吉野が植えられており、
桜の季節は花を愛でながらのんびりと川沿いを歩かれたり
車で通られたりするのがおすすめです。
------------------------------------------
<千歳川へ車でのアクセスは>
国道135号線より:「湯河原温泉入口」信号を右折後すぐ左方向へ。川の上流に進んでください。
伊藤屋より:駅方面へ直進、一つ目の信号を右折。川の下流に向かって進んでください。
タクシー利用のお客さまも
「千歳川沿いの桜」と運転手さんにお声掛けされると
きれいに見られるところを通ってもらえると存じます。
------------------------------------------
【千歳川】沿いの桜の開花状況は湯河原温泉観光協会HPに掲載されています
http://www.yugawara.or.jp/news/details.php?log=1395708976

【本日の一枚】こぼれんばかりに

20190319-tsubaki_mankai_20190319_itouya.jpg
枝が重たいのでは、と心配になるくらい
門柱前の椿がたくさんの花を咲かせています。

伊藤屋の椿は【五色散り椿】で、
名前のとおり白・ピンク・2色混じったの、と
1本の木にさまざまな色が咲きます。
この枝はこの色が多いな、このくらいの混じり具合がいいな、など
花の一つひとつを見ているとなかなか飽きません。

お客さまや道行く方の中にも足を止める方がいらして、
春の花を楽しんでくださっています。


椿の咲く石垣と、続く門柱は
平成26年4月に国有形文化財に登録されました。
-------文化財登録所見------------------------------------------------
【御影石の門柱・本小松石の石垣】昭和初期造
本小松の間地石と笠石の表面に丸面をつけた温和な造りが特長であり、
「造形の規範となっているもの」及び「再現することが容易でないもの」
----------------------------------------------------------------------

お彼岸のお楽しみ【老舗和菓子店】

20110923-koumedou.ohagi.20110923.itouya.jpg
春秋のお彼岸のお楽しみと言えば、伊藤屋のお隣【小梅堂】さんのおはぎです。

【小梅堂】さんは、昭和の初めに当館を定宿にした作家島崎藤村も
しばしば通ったという創業90年を超す老舗です。
こちらのおはぎは餡があっさりして小ぶりなので、
一度にふたつ食べられそう、と毎回思います。

【小梅堂】さんは
神奈川県指定銘菓【きび餅】【かるかん饅頭】が有名で、
どちらも素朴で上品な甘さがあとひくお味。
「普段甘いものは食べないけれど、小梅堂さんのものなら食べる」という
方もいらっしゃいます。

定番の【きび餅】【かるかん饅頭】【温泉饅頭】は当館でも
お土産物として扱っていますが、
趣あるお店を見に足を運んで見られるのもおすすめです。
(小梅堂さんは木曜定休、午後1時ごろ店じまいします。)

【マラソン】交通規制ご注意ください

20110129-bus.izuhakone.201101.yugawara.kankou.itouya.jpg
3月31日は【オレンジマラソン】開催日。
春風が吹き、みかんの段々畑が見える湯河原の街を
3,000人を超えるランナーが走り抜けます。

マラソン開催に伴い、
9時30分~11時30分は町内で交通規制がありますのでご注意くださいませ。
バスご利用の場合、
温泉街からご乗車⇒湯河原駅で降りられるお客さまは問題ないのですが、
一部区間で迂回し、バス停の場所が変わったり停車しなかったりします。
五所神社などに途中で立ち寄られるご予定のお客さまは
事前に案内所でご確認いただくか、運転手さんにご相談ください。

迂回ルートの千歳川沿いには多くの桜が植えられていますので、
時季がちょうど合えば車窓からお花見ができます。
----------------------------------------------------------------
▽3月31日の交通規制については湯河原町HPをご参照くださいませ。
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/sport/p04147.html

珍しいお祭り【湯かけまつり】

20130527-yukake.mikoshi.2013.yugawara.kankou.itouya.jpg
温泉街ならではのお祭り【湯かけまつり】が、
今年も5月25日(土)に開催されます。

【湯かけまつり】は
通過する神輿に沿道から「ざばーっ」と温泉を掛ける、
熱気あふれるお祭りです。

当日は弊館前を湯かけ神輿が通ります。
また、メイン会場のひとつ「観光会館前広場」は目と鼻の先。
弊館前で神輿に温泉を掛け、パレード通過後は
そのまま観光会館前広場に見物に行かれるのがおすすめです。

珍しいお祭りをご覧になりに、ぜひ湯河原温泉にご宿泊くださいませ。
--------------------------------------------------------------------------------
【湯かけまつり】詳細は観光協会HPをご参照ください。
http://www.yugawara.or.jp/event/details.php?log=1364524580

数十年の時を経て【レトロ瓶】

20190306-bin_saida-_beer_52ban_tenjouura_20190305_itouya.jpg
大正初期建築の棟に大工さんが入りました。
そこで見つかったのが今日ご紹介の写真、3本の瓶です。

・通称「赤星」
・最高級サイダーとラベルの貼られた「リボンシトロン」
・透明に黄色と青の製品名が可愛らしい「リボンジュース」
いずれも「日本麦酒株式会社」の販売です。

インターネットで調べたところによると
「日本麦酒株式会社」は「サッポロビール」の前身で、
昭和24年に設立、昭和39年までの間の名称だったそうです。

3本の瓶はその時代のお客さまが置いていかれたものなのかもしれません。
今までどんなお客さまが弊館に来られ、
そのお客さまはどんな服装だったのかな、どんな会話をされたのかな、
その時の街や弊館の様子はどんなだったのかな、とひととき思いを馳せました。

【温泉の効能】をお土産に

20190223-onsenmisuto_baiten_robby_201902_itouya.jpg
弊館はロビーに、小さな小さなお土産品コーナーがあります。

お隣の老舗和菓子店【小梅堂】さんのきび餅にかるかん饅頭、
【湯河原みかん】100%ストレートジュースや添加物の入っていないジャム、
【魚判】さんの干物、昔ながらの酸っぱい【小田原屋】さんの梅干しなどの他、
お肌の乾燥が気になる季節に人気なのが
「美肌成分」と呼ばれるメタケイ酸の含まれる
【湯河原温泉 源泉100%ミスト】です。

お化粧した上からスプレーできるので手軽に使うことができ、
ご自宅だけでなく親しい方へのお土産品にされる方もいらっしゃいます。

当館にいらっしゃる間は
男女別の内風呂と貸切専用の露天風呂・半露天風呂で。
ご自宅に戻られてからは温泉ミストで「お肌がすべすべする」と言われる
湯河原温泉をおたのしみください。

源頼朝の旗挙げ【武者行列】

20180221-jr_eki_doisanehira_201802_yugawara_itouya.jpg
4月7日(日曜)に、源頼朝旗挙げ武者行列が
五所神社からJR湯河原駅の間で行われます。

6日(土)や7日(日)にお泊りのお客さま、
お時間を合わせて見てみませんか?
----------------------------------------------------------------
【武者行列】 小雨決行・荒天中止
五所神社11時出発~湯河原駅11時30分着

【儀式】
〔五所神社にて 10時~11時〕
武将の名乗り・出陣の儀・焼亡の舞
〔湯河原駅にて11時30分~12時30分〕
武将の名乗り・焼亡の舞・出陣の儀

【土肥祭(式典・法要・墓参)】 雨天決行
〔城願寺境内にて 13時30分より〕
土肥實平、頼朝主従法要・焼亡の舞奉納・一般参加墓参 等
----------------------------------------------------------------
源頼朝と湯河原のご縁は、
当時湯河原を治めていた土肥實平が頼朝を助けたことにあります。

源平合戦に敗れた頼朝が身を隠した「しとどの窟」、
池に映った自分の姿を見て自害しようとした「自鑑水」など、
湯河原には頼朝ゆかりの地がいくつかあります。
(写真はJR湯河原駅の銅像「土肥實平と奥方」です。)
----------------------------------------------------------------
▽▽「源頼朝旗挙武者行列」
▽▽詳しくは湯河原温泉観光協会HPをご参照ください
http://www.yugawara.or.jp/event/details.php?log=1364522644

徒歩2分【東洋蘭展示会】15~17日

20091113-touyouran.tenjikai.kankou.itouya.jpg
3日の当欄でお知らせした
【湯の里ゆがわら東洋蘭展示会】の開催日が迫ってきたので、
今日は再度のご案内です。

~*~*~* 湯の里ゆがわら東洋蘭展示大会 ~*~*~*~*
開催日時:3月15日(金)~17日(日) 9時~17時( 最終日は15時まで)
開催場所:湯河原観光会館2階中会議室(弊館から2分)*入場無料
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

展示予定は約200点です。
華やかな洋蘭とは雰囲気の異なる清楚で凛とした東洋蘭が並び、
栽培指導コーナーも設けられます。
例年苗の販売もあるので、旅の記念にいかがですか。

また、 会場の観光会館は【万葉公園】入口に位置します。
川や緑や日本最大級の温泉足湯【独歩の湯】のある
公園散策と併せてのお出かけもおすすめです。

駅1分【図書館】与謝野晶子と湯河原

20100126-toshokan.yugawara.machi.ryokan.itouya.jpg
JR湯河原駅前の図書館で、展示会「与謝野晶子と湯河原」が始まりました。

-----------------------------------------------------------------
▽▽ 湯河原町HPからの抜粋です
湯河原の海、桜、蜜柑そして温泉を愛した晶子。
晶子が逗留した湯河原・真珠荘。
その真珠荘を営んだ有賀家による寄贈資料と、
県立神奈川近代文学館所蔵パネルを展示し、
晶子と湯河原の深い関わりをたどります。

会期:3月8日(金)~17日(日) 10時~17時
   ※11日(月)は休館 
会場:図書館3階会議室   入場無料
-----------------------------------------------------------------

湯河原温泉は多くの文人墨客に愛されてきました。
弊館から徒歩2分の【観光会館】内「郷土資料展示室」でも、
作家たちと湯河原のつながりを紹介しています。
こちらは伊藤屋と目と鼻の先ですし、よろしければ併せてご覧くださいませ。

【川沿い】桜のつぼみが少しずつ

20150326-chitosegawa_sakura_mankai_yugawara_itouya.jpg
湯河原の温泉街は【藤木川】と、
それに合流する【千歳川】という川が流れています。
川に沿っては多くの染井吉野が植えられており、
その桜がまだ開かないものの
つぼみが少し膨らんで枝が混んで見えるようになりました。

お車のお客さま、桜の時季には川沿いを通ってみられてはいかがでしょうか。
タクシー利用のお客さまも
「千歳川沿いの桜」と運転手さんにお声掛けされると
きれいに見られるところを通ってもらえると存じます。
------------------------------------------
<千歳川へ車でのアクセスは>
国道135号線より:「湯河原温泉入口」信号を右折後すぐ左方向へ。川の上流に進んでください。
伊藤屋より:駅方面へ直進、一つ目の信号を右折。川の下流に向かって進んでください。
------------------------------------------

写真は見ごろ期に千歳川沿いで撮影したものです。
千歳川の川原では今、菜の花が見ごろを迎えています。

【とろける】が人気のお店

20100413-sumiyoshiya.yugawara.kankou.itouya.jpg
駅近くの【住吉屋】さんは、湯河原で長く愛されるパンと洋菓子のお店です。
赤いひさしが目印で、JR湯河原駅のロータリーを出て
海寄り200mほどのところにあります。

こちらの洋菓子は「とろける」と頭についた商品が評判で、
町内ではざくっとした皮の「とろける・デ・シュー」を
お土産にもらったり差し上げたりすることが多いです。
最近は期間限定「さくら味」が始まったとか。

当欄担当の私が好きなのは「とろけるチーズケーキ」と「とろけるプリン」。
「とろける・デ・デシュー」がボリュームたっぷりなのに対し、
こちらは甘いものを少しだけ食べたいときにちょうど良い大きさです。

洋生菓子はお土産にはちょっと難しいかもしれませんが、
お隣熱海市に本店があるため
熱海ブランド認定商品の焼菓子もお店に置いてあります。
食パンやお惣菜パンなども、お土産や車中のおともにいかがでしょうか。

駅から歩いて行く途中にはタルトとキッシュのお店【ペシュ】さんや
五月みどりさんのお店【ヴィーナス】さんもあります。

ハーバリウムなどワークショップ【美術館】

20180612-bijutsukan_chouritsuyugawara_baiten_201806_itouya.jpg
伊藤屋から歩いて5分ほどの【町立湯河原美術館】内のカフェ
「and garden」にて、ワークショップが開かれます。
---------------------------------------------------------------------------
【ハーバリウム】
瓶にプリザーブドフラワーと専用のオイルを詰めた観賞用のインテリア。
開催日:3/15(金) 3/17(日) 3/23(土)
参加費:1本1000円   
所要時間:30~40分
【アロマワックス】
お好みの香りをつけた、火を灯さないアロマキャンドルづくり。
開催日:3/8(金) 3/9(土) 3/16(土) 3/22(金) 3/24(日)
参加費:1個1000円    
所要時間:30~40分

カフェのため、ワンドリンクのオーダーが必要です。
---------------------------------------------------------------------------
【ワークショップ】詳細は湯河原温泉観光協会HP
http://www.yugawara.or.jp/news/details.php?log=1550462743
【問い合わせ】
町立湯河原美術館内
Museum café 「and garden」(アンド ガーデン)
電話:0465-63-8686

【町立湯河原美術館】は伊藤屋より徒歩約5分、駐車場あり。
電話 0465-63-7788。原則水曜休館です。
弊館ロビーに入場割引券を置いていますので、
行かれるお客さまはお持ちくださいませ。カフェや庭園入場のみの利用も可能です。
(写真は美術館内にある平松礼二館長の公開アトリエです。)

芸妓さんの【お稽古見学】

20150210-onsengai_tuunen_uohan_yugawara_201501.jpg
芸妓さんのお稽古場【見番(けんばん)】で、
下記の日程お稽古見学ができます。
-----------------------------------------------
【3月】
舞踊 3月14日(木)・15日(金)・25日(月)・26日(火)
清元 休み
囃子 休み
長唄 休み
-----------------------------------------------
時間は11時30分~13時30分、無料です。
お稽古日程は変更になることがあるので、
行かれるお客さまは見番にお問い合わせください。

見番(湯河原芸妓屋組合)電話 0465-62-4111(11時~18時)。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
JR湯河原駅からバスで来られるお客さまは、
バス停「見付町」下車徒歩1分です。伊藤屋からは歩いて3分ほど。
周辺はちょっと歩いてみたくなる細い路地や
ぱりっぱりの手焼き煎餅を売る【米屋煎餅】さん、
地元で贈答用にも自宅用にも愛される【塩瀬五色煎餅総本店】さん、
温泉饅頭がおすすめの【ゑふや】さんなどがあります。
(写真は見番の近くです。)

10日閉幕【梅の宴】見ごろです

20091223-ume.sanroku.yugawara.bairin.itouya.jpg
【湯河原梅林「梅の宴」】が早いもので10日に閉幕します。
先月2日に開幕して以来、弊館からも大勢のお客さまがお出かけになりました。

湯河原温泉観光協会のHPに梅林開花状況が掲載されており、
先月25日に「見ごろ」を迎えて6日現在もまだ「見ごろ」だそうです。

【梅の宴】は残り数日ですが、
幕山の斜面に咲き誇る紅白梅を見にお出かけになりませんか。

連日お知らせしておりますとおり、
湯河原温泉にご宿泊の方は梅園入園が無料になります。
詳細は下記をご参照くださいませ。

--------------------------------------------------------
***湯河原梅林 梅の宴***
2月2日(土)~3月10日(日) 午前9時から午後4時まで
四季を通じ雄大な自然景観と出会える「幕山」の山麓斜面に
約4千本の紅梅・白梅が"梅のじゅうたん"のごとく咲き乱れ、
園内は梅の香りに包まれます。 

<アクセス>
梅の宴期間中は湯河原駅や温泉街より会場行き臨時バスが運行されます。
(平常時は当館前バス停より乗車時間約30分、駅よりは約15分)
お車では伊藤屋より通常時で約20分。
混雑時はパーク&バスライドの実施の可能性あり。
時間を大分多く見てください。

<宿泊の方は梅林入園(通常200円)が無料になります>
湯河原温泉にお泊りの方には「湯河原梅林宿泊者入場券」を発券できます。
チェックアウト後に行かれるお客さまはフロントにお声掛けください。
チェックイン前に行かれるお客さまは梅林入園券をお捨てにならず、
フロントでお渡しください。入園券と交換で200円返金できます。

--------------------------------------------------------
開花状況など「梅の宴」詳細は湯河原温泉観光協会HPをご覧くださいませ。
http://www.yugawara.or.jp/event/details.php?log=1384137943

期間限定でご用意した「梅の宴プラン」も梅の宴と同日の10日で終了します。
梅の紅色、金目鯛の赤色で春を楽しんでくださいませ。
プラン詳細は
http://www7.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/itouya/category/9046

千歳川沿い【菜の花】見ごろです

20130408-nanohana.chitosegawa.201304.yugawara.itouya.jpg
町内を流れる【千歳川】の【菜の花】が見ごろを迎え始めました。
最も見ごろになるのは3月16日ごろと予想されています。
植わっている川べりが道路より大分低いので少し覗き込むようになってしまいますが、
お車で湯河原にお越しのお客さまは通ってみませんか。

千歳川沿いには日曜日にサイン会が行われることもある【西村京太郎記念館】や、
川向こうには胸から上だけのお姿の「首大仏」さまが有名な【福泉寺】さんもあります。

【千歳川】に沿っては染井吉野も多く植えられていますので、桜の時季にもおすすめです。

<千歳川へ車でのアクセスは>
国道135号線より:「湯河原温泉入口」信号を右折後すぐ左方向へ。川の上流に進んでください。
伊藤屋より:駅方面へ直進、一つ目の信号を右折。川の下流に向かって進んでください。
(写真は湯河原町公式HPからいただきました。)

神社や足湯も【万葉公園】入口2分

20100427-manyoukouen.taki.yugawara.onsen.itouya.jpg
写真は【万葉公園】に入ってすぐのところにある滝です。

万葉集にちなんだ植物が多く植えられた【万葉公園】の中には
小さな赤い鳥居が可愛らしい【狸福神社】や
温泉の神様を祀った【熊野神社】、
日本最大級の温泉足湯【独歩の湯】などがあります。

今日は雨降りの一日でしたが、少しだけやんだ合間に行ってみたら
階段や散策路がしっとり濡れて、落ち着いた雰囲気でした。

【万葉公園】は入口までわずか2分、観光会館の脇から入ります。
今日は観光会館内で、みかんと湘南ゴールドが売られていました。
観光の地図やチラシもありますので、併せて立ち寄られるのもおすすめです。

春の【東洋蘭展示会】は徒歩2分

20101112-touyouran.tenjikai.kankou.itouya.jpg
【湯の里ゆがわら東洋蘭展示会】が、
3月15日(金)~17日(日)に徒歩2分の「観光会館」にて開かれます。

展示予定は約200点。
華やかな洋蘭とは雰囲気の異なる清楚で凛とした東洋蘭が並び、
例年苗の分譲や栽培指導コーナーも設けられます。

~*~*~* 湯の里ゆがわら東洋蘭展示大会 ~*~*~*~*
開催日時:3月15日(金)~17日(日) 9時~17時( 最終日は15時まで)
開催場所:湯河原観光会館2階中会議室  *入場無料
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

会場の観光会館は【万葉公園】入口に位置します。
川や緑や日本最大級の温泉足湯【独歩の湯】のある
公園散策と併せてお出かけになってみませんか。

【3月の献立】掲載しました

20091001-ryoutei.yugawara.shokuji.itouya.jpg
お料理のページに3月の献立を掲載しました。

伊藤屋の献立は月替わりです。
旬を生かしたお食事に、お客さまが季節を感じてくだされば幸いです。

▽▽ お料理の詳細が記してあるので、
当日までのお楽しみ…というお客さまは、以下はご注意ください。
*:.。..:****:.。..:****:.。..:****:.。..:****:.。..:*
http://www.itouya-net.jp/food/dinner.html より
「今月の献立はこちら」をクリックしてくださいませ。
*:.。..:****:.。..:****:.。..:****:.。..:****:.。..:*

お食事は2名様はお部屋に、
3名様以上は個室料亭にお持ちしています(お部屋食に変更の場合もあります)。
どちらもお客さまだけの空間ですので、
ゆったりとした気分でお召し上がりください。 (写真は個室料亭です。)

【梅の宴】【期間限定プラン】いよいよ10日まで

20091223-ume.sanroku.yugawara.bairin.itouya.jpg
町内外から毎日多くの方が訪れる【湯河原梅林】で
2月2日に開幕した【梅の宴】が、いよいよ10日に閉幕します。

【湯河原梅林】は先月25日に「見ごろ」を迎えました。
宴終了までたくさんの紅白梅が残り、甘い匂いを放ってくれると良いなと思っています。

連日お知らせしておりますとおり、
湯河原温泉にご宿泊の方は梅園入園が無料になります。
詳細は下記をご参照くださいませ。

--------------------------------------------------------
***湯河原梅林 梅の宴***
2月2日(土)~3月10日(日) 午前9時から午後4時まで
四季を通じ雄大な自然景観と出会える「幕山」の山麓斜面に
約4千本の紅梅・白梅が"梅のじゅうたん"のごとく咲き乱れ、
園内は梅の香りに包まれます。 

<アクセス>
梅の宴期間中は湯河原駅や温泉街より会場行き臨時バスが運行されます。
(平常時は当館前バス停より乗車時間約30分、駅よりは約15分)
お車では伊藤屋より通常時で約20分。
混雑時はパーク&バスライドの実施の可能性あり。
時間を大分多く見てください。

<宿泊の方は梅林入園(通常200円)が無料になります>
湯河原温泉にお泊りの方には「湯河原梅林宿泊者入場券」を発券できます。
チェックアウト後に行かれるお客さまはフロントにお声掛けください。
チェックイン前に行かれるお客さまは梅林入園券をお捨てにならず、
フロントでお渡しください。入園券と交換で200円返金できます。

--------------------------------------------------------
開花状況など「梅の宴」詳細は湯河原温泉観光協会HPをご覧くださいませ。
http://www.yugawara.or.jp/event/details.php?log=1384137943

期間限定でご用意した「梅の宴プラン」も梅の宴と同日の10日で終了します。
梅の紅色、金目鯛の赤色で春を楽しんでくださいませ。
プラン詳細は
http://www7.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/itouya/category/9046
ブログランキングに参加しています。ご協力くださいませ!
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
  • Google Bookmarks
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • このエントリをBuzzurlにブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をクリップ!
  • del.icio.us
ご予約・お問い合わせはお気軽にこちらまで

湯河原温泉旅館 伊藤屋 お問合せTELL 0465-62-2004[受付時間:8:00~22:00]

会員登録 宿泊プラン一覧 空室カレンダー

ページ先頭に戻る