湯河原温泉観光情報
宿泊プラン空室検索

プラン一覧はこちら

ケーキカフェ☆OPEN

20151228-sweets_story_onsengai_yugawara_itouya.jpg
温泉街の、伊藤屋から7~8分ほど下ったところに
ケーキカフェ「Sweets Story」さんがオープンしました☆

お店の看板を見ると…
土日には自家製生地の「ピザランチセット」があるそうです。
月・火曜定休で、開店時間は10時~18時。
湯河原駅からのアクセスはバス停「道中」下車すぐ。

早めに湯河原にご到着のお客さまは、
バス停「道中」下車→Sweets Storyさんでケーキ→お煎餅・呉服・和菓子・干物屋さんを見ながら散策
→万葉公園・独歩の湯に立寄り→ご来館
というゆっくりのんびり温泉街歩きはいかがですか?
Sweets Storyさんのケーキ、食べたら当欄にてまた紹介させていただきますね。

お正月は☆画伯に会えるかも☆

20090701-bijutukanchouritsuyugawara.jpg
1月1日(金)と2日(土)、
当館より5分ほどの【町立湯河原美術館】に平松礼二先生が来館します!!
サインや記念撮影サービスの予定もあるとか。

1日(金)~3日(日)までは「新年お楽しみ抽選会」もあり、
平松礼二画集などが当たるそうです。
平松先生のポストカードや画集にサインを入れてもらうのも、ステキな思い出になりそう。
展示は
【平松礼二館】「日本の祈りー富士々」
【常設館】「収蔵品小企画展ー素描の魅力」  です。

当館から向かう場合は【湯元通り】を抜けて行かれるのがおすすめ。
写真に収めたい昭和レトロな街並みが見られますよ。

手焼き【お煎餅屋さん】徒歩2分

  
ぱりっぱりの手焼きせんべいを売っている【米屋煎餅】さんに行ってきました。
伊藤屋からわずか2分ほどのご近所なのです。

「昔と同じ風に作っているの、手焼きで添加物もなし」と米屋さんの女将さんはとってもにこやか。
今回は醤油と白梅、胡麻の3種類を選びました。
お店の一番人気は醤油だそうですが、
他にも二度づけ、青のり、磯巻き、ザラメ、白梅、唐辛子などいろいろな味があります。
まとめての袋売りのほか、一枚ずつでも売っているのでご自分用にも贈答用にも買いやすいですよ。

さらに2分ほど歩くと、米屋さん同様に長く湯河原で愛されている
【塩瀬五色煎餅総本店】さんもあります。

当館から2軒のお煎餅屋さんに行くまでの間には
きび餅・温泉饅頭・かるかん饅頭屋さんのほか、干物や塩辛のおいしいお店もあります。
湯河原の街歩きをどうぞ、お楽しみください。

ブラタモリに近くの街が♪

  
NHKの番組【ブラタモリ】(土曜19時30分~20時15分、再放送 日曜13時5分~50分))にて、
湯河原の近くの街が放送されます。

1月16日(土曜) 熱海、1月23日(土曜) 小田原です。

熱海は湯河原からJRでひと駅約5分、
小田原はJRで約17分、お車だと約17分で、どちらも湯河原のお客さまに
人気の立ち寄りスポットです。

観光の参考になるかもしれません。ご覧になってみませんか?
---------------------------------------------------------------
NHK【ブラタモリ】番組HP
http://www.nhk.or.jp/buratamori/yokoku.html#atami
(写真は 熱海の海岸沿いにある「貫一・お宮の像」です。)

空の狭い湯河原で

20110910-tsuki.juugoya.20110910.yugawara.ryokan.itouya.jpg
平年より暖かな冬の湯河原温泉。
それでも夜になると月がさえざえと山や街並みを照らして
時間を忘れて見入ることもしばしばです。

高層ビルではなく、三方を山に囲まれている湯河原温泉は、空が狭いです。
空を眺めて、山を眺めて、稜線を目で辿って…をしながら
月や星を探すのも旅気分が増しておすすめです。

いつもの、日常とは離れた場所の空のかたちをおたのしみください。
次の満月は26日(土)27日(日)ごろです。

ステキな温泉街

20150726-onsenba_itouya_ue__aozora_201507_huro_.jpg
毎日毎日、住んでいる町が好きだと思う贅沢を味わっています。
湯河原の温泉街は(手前みそのようですが)ステキなんです☆

写真正面に写る緑は、奥湯河原へ向かう山。そのまま箱根に通じます。
当館から100mほど駅よりからは電線が地中埋設化され、山や空が気もち良く見わたせます。
歩道の石畳も数ヵ月前に敷かれ、足元も空もステキ…と思っています。
ご来館の前には、私の好きな湯河原の街を
ぜひ、錦に染まった山々とともにぐるりと見まわしてくださいませ。

狸だって☆クリスマス☆

20151216-eki_tanuki_christmas_201512_yugawara_itouya.jpg
湯河原駅の人気もの、信楽焼の狸たち。
ハロウィンのころには魔女の帽子をかぶってジャックランタン持って、の仮装を見せてくれ、
今はサンタの衣装を着ています☆

日ごろから記念撮影の人気ものですが、
衣装が変わるとますます一緒に撮る方が増えています。
狸たちは改札前にいますので、
JR東海道線で来られるお客さまはぜひ見てみてくださいね。

○みかん○ 本物も最中もおいしいです

20110210-mirakuan.monaka.mikan.yugawara.kanagawa.itouya.jpg
そろそろ行くつもりなのが
伊藤屋から車で3分ほどの和菓子店【味楽庵】さん。

みかんの時季なので、写真の「みかん最中」を親しい方へ贈ろうかな~と思っています。

このみかん最中はみかんを模した形をしていて、白餡とマーマレードの甘くて爽やかな味。
神奈川県の指定銘菓でもあります。

味楽庵さんの少し上には先日ご紹介した「手湯」が、
はす向かいには「豆乳どーなつ」が人気のお豆腐店「十二庵」さんもあります。
あわせて立ち寄ってみませんか?

♨手湯♨

20100107-bijinnoyu.yugawara.kashikiri.huro.itouya.jpg
どこにいても温泉が恋しい!という時季になりました。
そんな時におすすめしたいのが、「手湯」。

写真の手湯は宮上の和菓子店「味楽庵」さんの少し上の「美人の湯」。
伊藤屋目の前の橋を渡ったところにもこんな手湯があって、
手を浸したりタオルを濡らしたりする人の姿がしばしば見られます。

手水鉢のように小さな手湯ですが、かじかむこれからの時季にはぴったり。
散策の途中に見つけたら、ほっとひと息つきませんか。

初詣◎伊藤屋周辺スポットご紹介

  
紅葉まっさかりの今、そろそろ気になりだすのが【初詣】。
今日は伊藤屋周辺の神社やお寺のご紹介です。

当館前、入口まで2分の万葉公園内には2つの神社があります。
■狸福(りふく)神社■ *徒歩約3分*
万葉公園の中にある小さな小さな神社。
地元では「たぬき神社」という愛称で親しまれています。
温泉を発見したと言い伝えられる老狸が祀られていて、
愛らしい小さな紅い鳥居が並んでいます。
■熊野神社■ *徒歩約3分*
同じく万葉公園内に鎮座する温泉と健康の神様。
一年を健康を願っての参拝はいかがでしょう。

■五所神社■ *車約4分またはバス約8分*
湯河原の総鎮守。樹齢850年や200年などの古木が立ち並びます。

■福泉寺■ *車約3分またはバス約7分*
胸から上の大仏「首大仏」さまがおられます。本堂の茅葺屋根も見ごと。

■箱根神社■ *お車約30分*
隣町箱根の芦ノ湖畔。湯河原パークウェイ(有料)経由でどうぞ。
新年2日、3日は箱根駅伝の交通規制にご注意を。
標高が高いので、防寒対策をしてお出かけください。(写真は五所神社です。)
-----------------------------------------------------------------------
大晦日からは2泊限定、1月2・3日は専用プランをご用意しています。
http://www7.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/itouya/category/4099
年のはじめは温泉旅館でゆっくりとお過ごしください。お待ちしております。

○みかん○直売所はあちこちに♪

20091126-mikan.hatake.mikangari.itouya.jpg
このところ湯河原温泉を歩く人が多く手にしているのが
【みかん入りのビニール袋】。
温暖な湯河原は山の斜面にみかん畑が広がり、
秋冬は町内のそこかしこに直売所ができているんです。

農家のお宅の駐車場、ふつうのお宅の軒先、クリーニング屋さん、
魚屋さんなどでみかんを売っていることが多いです。
歩いたり車をゆっくり走らせたりしていると大抵目に入りますが、
もし見つからなかったら地元の人に尋ねてみてくださいね。
今の時季はきっと、多くの湯河原町民が場所を知っています。

湯河原のことを思い出しながら、たのしく食べてくださったら嬉しいです。

【日本一の大吊橋】まもなく開業!

20121220-fujisan.hujihakonerando.2013.12.yado.itouya.jpg
14日オープンの【箱根西麓・三島大吊橋】。
歩行者専用吊橋としては【日本最長】だそうで、
「できたら行こうね!」と一同で今からわくわくしています。

その大吊橋が、昨日の毎日新聞夕刊1面に載っているではありませんか!
ヘリから撮った写真には、木や橙、緑と色とりどりに染まった山と
雪をいただいた富士山が!!
これは、もうますます楽しみになってきました。

吊橋は全長400m、高さ70.6mもあるそうです。
新聞によると、隣接するお土産物店で三島野菜を使ったフレッシュジュースが
飲めるそうです。

そのまま三島に下りて大社や楽寿園に行くも良し、
世界遺産 韮山反射炉に行くも良し、箱根へ上がって芦ノ湖や関所を見るも良し。
その後の観光にも便利な場所の【箱根西麓・三島大吊橋】。
皆さまもいかがでしょう?行ったらこちらで報告いたしますね。
--------------------------------------------------------
日本最長の大吊橋
<アクセス>伊藤屋から車で約25分。  
湯河原パークウェイ⇒箱根峠左折⇒国道1号線を三島方面へ

(写真は箱根峠近くで撮影。天候が良いと南アルプスが遠くに望めます。)

♪紅葉前線♪ 下りてきました

20141213-momiji_andon_itouya_20151213_onsen.jpg
昨日紅葉を見ながら、町内を回ってきました。
すると…。奥湯河原の、町で定点観測をしていた「湯河原パークウェイ下」あたりはもう大分葉が落ちていまして、
もう少し下ったオレンジライン終点の川沿い「不動滝」「屏風岩」あたりが真っ盛りです。

伊藤屋の庭も昨日一昨日で一気に進みました!
庭の真ん中のもみじも、池の端のもみじも真っ赤。
露天風呂は湯ぶねのちょうど上が染まっています。
でもお部屋「53番」の庭がまだですし、他の染まった葉もまだ緑混じりなので
本当の盛りにはもう少し、といったところです。

「今年の紅葉は散るまでが早い」と言われていますが、
それでもやっぱりこの時季の湯河原は格別。
湯河原は町のどこにいても山が見えますので、
ぜひ錦に染まったさまをご覧になりながらお越しくださいませ。

御殿場アウトレット☆クリスマス☆

20120516-outlet.yugawara.ryokan.itouya.jpg
当館からお車で1時間20分ほどのところにある「御殿場プレミアムアウトレット」にて、
12月25日(金)までの【Christmas Gift Collection】が始まりました。

HPによると「ギフトおすすめ品をご用意」という文言が。
でもそれよりもさらに魅力的!と思ったのが、
「サンタクロースが来る」そうなんです(御殿場は12月19日(土))。
また、イルミネーション実施中だそうで、
昼間に行ってもクリスマスの飾りつけが見られそうです♪

アウトレットは東名高速道路 御殿場ICから約2kmなので、
当館の行きや帰りに寄られるお客さまも多いですよ。
-----------------------------------------------------------------------
アウトレットのショッピングと組合せて、温泉旅館のクリスマスプランはいかがですか?
となり町 真鶴の海で獲れた伊勢海老と、クリスマスケーキをご用意してお待ちしています。
御殿場アウトレットHPは
http://www.premiumoutlets.co.jp/gotemba/
伊藤屋「ふたりのクリスマスプラン」は⇒http://www7.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/itouya/category/4099

歴史秘話ヒストリアにおとなり町が!

20100426-atami.moa.bijutukan.yugawara.itouya.jpg
11月18日と25日にNHK【歴史秘話ヒストリア】で、
湯河原温泉の隣町 熱海の【MOA美術館】が放映されました。

「天才か?ドラ息子か?~風神雷神図に挑んだ尾形光琳~」という内容で、
紹介されたのは美術館内に復元された「光琳屋敷」や同美術館所蔵の国宝「紅白梅図屏風」など。

美術鑑賞のあと、紅葉した庭を眺めてお抹茶を一服いただく、というのも今の時季おススメの過ごし方です。

伊藤屋からMOA美術館はお車で約25分、
JRをご利用のお客様は、熱海駅からバスが出ています。
湯河原の行きや帰りに、足を延ばしてみませんか?
--------------------------------------------------------------
MOA美術館HPは⇒http://www.moaart.or.jp/

町の新聞が最終号で

20101201-tsubaki.tsubomi.20101201.kankou.yugawara.itouya.jpg
町の情報、こんな催しがありますよ、誰々が何の大会で活躍しました、誰々が試験に合格しました…
といったことを40年にわたり伝えてくれた「相豆新聞」。
11月30日が、最終号でした。

身近な情報源がひとつなくなってしまう、という不便さよりも
まずは淋しいという気もちが勝り、
「そこにあることの大切さ」を考えた新聞最終日。

相豆新聞で仕入れた催事情報を皆さまにお知らせするということもございました。
これからも目で耳で足でアンテナを張り、
できるだけありのままの湯河原の魅力を皆さまに知っていただけるように努めてまいります!
ブログランキングに参加しています。ご協力くださいませ!
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
  • Google Bookmarks
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • このエントリをBuzzurlにブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をクリップ!
  • del.icio.us
ご予約・お問い合わせはお気軽にこちらまで

湯河原温泉旅館 伊藤屋 お問合せTELL 0465-62-2004[受付時間:8:00~22:00]

会員登録 宿泊プラン一覧 空室カレンダー

ページ先頭に戻る