湯河原温泉 伊藤屋 新着情報
宿泊プラン空室検索

プラン一覧はこちら

【本日の一枚】庭のさくら6分咲き

20190127-hikanzakura_6bu_sakura_20190127_itouya.jpg
昨日とは一転、日差しのぬくもりが感じられる湯河原温泉です。
写真は午後2時過ぎに撮影しました。

昨年12月26日に咲き始めた【緋寒桜】が6分咲きです。
真っ青な空の下で、濃い桜色が随分ふっくらしてきました。

町内では【千歳川沿い】の菜の花が見ごろを迎えたそうですし、
2月3日に「節分祭」の開かれる【五所神社】では
白い梅がちらりほらりと咲き始めています。

【本日の一枚】さくら5分咲きほどに

20190120-hikanzakura_5bu_20190120_itouya.jpg
写真はお昼過ぎ、細い雨が上がるころ撮影しました。
写真が小さくて分かりづらいのですが
中央の少し右寄りに【緋寒桜】が写っており、
まもなく5分咲きになります。

街で車を走らせていると
早咲きの桜や梅がちらほらと咲き始めているところもあって、
その周囲はふんわりあたたかな空気が漂っているように感じます。

【つぼみ】ふっくらしてきました

20190116-hikanzakura_3bu_sakura_20190116_itouya.jpg
門柱手前の椿のつぼみが少しずつ膨らんできました。
これは【五色散り椿】で
ピンク、白、混じったの、と3種類の花の色が1本の木に咲きます。

つぼみによってはもう少しで中の花びらの色が見えそうなものもあり、
日々開花を心待ちにしています。

【本日の一枚】庭の桜

20190116-tsubaki_tsubomi_20190116_itouya.jpg
写真はお昼過ぎに撮影しました。

先月26日に咲き始めた池の端の【緋寒桜】が、
間もなく3分咲きになろうとしています。

お客さまもこの時季にまさかと思われるようで、
「あれはもしかして桜ですか」とときどきご質問を受けます。

写真は斜め下から撮影しましたが、
庭に面したお部屋から見下ろすともっとたくさん桜の色が見えて、
春の気配が近づいているのを感じます。

【日帰りプラン】ございます

20090828-furo9.jpg
このところ【日帰りプラン】でご来館くださるお客さまが増えてきました。

弊館の平日限定【日帰りプラン】では
●お部屋
●ご夕食(18時または18時半スタート)
●浴衣             をご用意いたします。
チェックイン15時、チェックアウト21時なので最大6時間館お寛ぎになれます。
昭和の趣残る殿方/ご婦人用内風呂と貸切専用の露天/半露天風呂も
ご宿泊のお客さまと同じようにお使いください。

ご夕食は月替わりの約10品。
スタンダードな内容でお出しする基本プランの他、
●金目鯛の煮つけ付プラン(2名様専用)
●新鮮な舟盛付プラン         もございます。
2名様はお部屋で、3~6名様は個室の食事処でお召し上がりください。

湯河原温泉は、JR東海道線で東京から約100分、横浜から約70分。
さらに伊藤屋はバス停「公園入口」目の間です。
お泊まりは日程が厳しいけれど
温泉地でゆっくりしたいな、という方はぜひご検討くださいませ。
2月2日からは【湯河原梅林「梅の宴」】が開幕するので、
梅林散策のあと温泉に浸かってお夕食までを湯河原で、という
過ごし方もいかがですか。
湯河原温泉での一日をどうぞお楽しみくださいませ。

----------------------------------------------------------------------------
日帰りプラン一覧は
⇒  http://www7.489ban.net/v4/client/plan/daytrip/customer/itouya
をご参照ください。

冬に咲く【桜】

20170130-hikanzakura_up_migoro_hana_20170130_itouya.jpg
先月26日に咲き始めた池の端の緋寒桜が、
ゆっくりゆっくりと開花を進めています。

写真は以前撮影したものです。
緋寒桜は染井吉野よりも色が濃くて、
この時季特有の鉛色の空の日にも
あたりをぱっと明るくしてくれます。

まだ1分咲きにも満たず、それでも20輪以上が咲いて
木全体のつぼみが随分ふっくらとしてきました。

【梅の宴】に合わせたプランできました

20091223-ume.sanroku.yugawara.bairin.itouya.jpg
2月2日から始まる【湯河原梅林「梅の宴」】に併せて、
期間限定【金目鯛のしゃぶしゃぶ】プランをご用意しました。

約4千本の紅白梅の見ごろ期は
「梅の絨毯を敷いたよう」と例えられる湯河原梅林。
梅の赤に金目鯛の赤、春の色を満喫していただければ幸いです。

▽▽以下は【湯河原梅林「梅の宴」】の概要です。お得情報も。
***湯河原梅林 梅の宴***
2月2日(土)~3月10日(日) 午前9時から午後4時まで
四季を通じ雄大な自然景観と出会える「幕山」の山麓斜面に
約4千本の紅梅・白梅が"梅のじゅうたん"のごとく咲き乱れ、園内は梅の香りに包まれます。 

<アクセス>
梅の宴期間中は湯河原駅や温泉街より会場行き臨時バスが運行されます。
(平常時は当館前バス停より乗車時間約30分、駅よりは約15分)
お車では伊藤屋より通常時で約20分。
混雑時はパーク&バスライドの実施の可能性あり。時間を大分多く見てください。

<宿泊の方は梅林入園(通常200円)が無料になります>
湯河原温泉にお泊りの方には「湯河原梅林宿泊者入場券」が発券できます。
チェックイン前に行かれるお客さまは梅林入園券をお捨てにならず、
フロントでお渡しください。入園券と交換で200円返金できます。
-----------------------------------------------------------------------
「梅の宴期間限定【金目鯛しゃぶしゃぶ】プラン」詳細は下記リンクをご参照くださいませ。
⇒ http://www7.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/itouya/category/9046

湯河原温泉の【冬の気候】

20140210-yuki.hikanzakura.20140208.yugawara.huro.itouya.jpg
小寒を迎えました。日ごろは温暖な湯河原温泉も、
今日は「冷えますね」が挨拶代わりです。

湯河原温泉の冬は
東京23区内や横浜で積雪があっても雨のことが多く、
気温も暖かいというのが住んでいての実感です。

湯河原への旅の前、
テレビで天気予報をご覧の際は小田原が近いです。
また、当地を郵便番号から確認される際は
259-0314(湯河原町宮上)で検索くださいませ。

湯河原温泉から足を延ばし
お隣の町箱根やアウトレットのある御殿場へ行かれるお客さまは
標高が高いため、車や服装の寒さ対策をなさってくださいませ。

暖かく安全に冬の旅をおたのしみください。
(写真は珍しく湯河原に積雪があったときに撮影したものです。)

【1月の献立】掲載しています

20091001-ryoutei.yugawara.shokuji.itouya.jpg
お料理のページに、1月の献立を掲載しています。

▽▽ お料理の詳細が記してあるので、
当日までのお楽しみ…というお客さまは、以下はご注意ください。
*:.。..:****:.。..:****:.。..:****:.。..:****:.。..:*
http://www.itouya-net.jp/food/dinner.html より
「今月の献立はこちら」をクリックしてくださいませ。
*:.。..:****:.。..:****:.。..:****:.。..:****:.。..:*

伊藤屋では献立を月ごとに替え、旬の食材を用いています。
お客さまが目からも味からも、季節を感じてくだされば幸いです。

お食事は2名様はお部屋で、
3名様以上は個室料亭にお持ちしています(お部屋食に変更の場合もあります)。
どちらもお客さまだけの空間ですので、ゆったりとした気分でお召し上がりください。(写真は個室料亭です。)

屋根の上に【鷺】

20181229-sagi_17doori_yane_20181230_itouya.jpg
午後4時ごろ、ふと見ると屋根の上に大きな鷺(さぎ)がいました。
ひげのような長い羽、背には黒い部分もあって
なかなかに立派な姿です。

このところは徒歩1分のバス停【落合橋】の
あたりにもよく鷺がいます。弊館に来る鷺は
池の鯉に最近生まれた赤ちゃんを
狙ってきているのかもしれません。

困って池の水面には糸を張っているのですが、
鷺は「縁起が良い」とする説もあるとか。
鶴に似た姿は、新年を寿ぎに来てくれているのかもしれません。
ブログランキングに参加しています。ご協力くださいませ!
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
  • Google Bookmarks
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • このエントリをBuzzurlにブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をクリップ!
  • del.icio.us
ご予約・お問い合わせはお気軽にこちらまで

湯河原温泉旅館 伊藤屋 お問合せTELL 0465-62-2004[受付時間:8:00~22:00]

会員登録 宿泊プラン一覧 空室カレンダー

ページ先頭に戻る